高齢者施設ってどうやって探すのが正解なの?紹介会社は本当に信用できる?

高齢者施設といっても、特別養護老人ホーム、有料老人ホーム、グループホーム、サービス付き高齢者住宅など数多くの種類があります。

ケアマネージャーや生活相談員などに、漠然と「どこか良い施設はないですか?」と尋ねても困らせてしまうでしょう。

高齢者施設に入居する本人にとって最適な介護施設を探すには、どんな種類があって本人がどのような施設を望んでいるのかを知る必要があります。

リハビリに力を入れている施設や認知症の方への対応に特化している施設など、具体的にどんな施設を探しているかを知ることが第一歩です。

目次

施設探しは資料請求から始まる

ケアマネージャーや生活相談員などに一任するのは時間も掛からないので楽ですが、出来る限り並行して自分でも施設を探しましょう。

希望する条件を伝えて施設探しをお願いしていても、そのケアマネージャーと仲の良い施設を紹介されたり、営業によく来る会社の運営する高齢者施設を紹介されることが多々あります。

ここ数年で様々な高齢者施設が新しく出来ているので、ケアマネージャーや生活相談員も全ての施設を把握しているわけではありません。

インターネットで検索すると高齢者施設がたくさん出てきますが、希望する地域で条件を決めて施設を探したい場合は介護施設をまとめたポータルサイトが便利です。

中でも使いやすいのは、全国の都道府県に対応しているだけでなく路線や駅からも検索できるLIFULL介護がおすすめです。

 

 

希望の条件検索もわかりやすく、月々の費用だけでなく入居金の予算も一緒に検索可能です。

 

 

希望条件の合う施設が一覧で出てきますので、まとめて資料請求することが出来ます。

 

 

資料請求は無料なので、どのような施設があるのかを知るだけでもイメージが付きやすく施設探しに役立つでしょう。

入居する本人と一緒に、資料を見ながら話し合うことでより本人に合った施設探しが出来るようになります。

見た事も無い高齢者施設に急に入れらてしまうのは、とても不安です。

全く知らないところには行くのは、私達でも不安になりますよね。

そうならない為にも、事前に資料を見て本人と一緒に高齢者施設を探すことが大切です。


LIFULL介護の公式ホームぺージはこちら

高齢者施設の紹介会社は信用できる?

結論から言うと、紹介会社に完全におまかせというのはおすすめ出来ません

理由としては、それぞれの施設には紹介料というものが設定してあります。

高齢者施設Aに紹介すれば、紹介会社に10万円が入る。

高齢者施設Bに紹介すれば、紹介会社に5万円が入る。

このような場合、まずはAの方を紹介されるのは当然ですよね。

紹介会社は基本的に無料で利用できるので人気のサービスの1つですが、利益を上げるために紹介料の高い高齢者施設を優先して紹介する傾向にあるのは確かです。

任せたのはいいけど、思っていたのと違った…とならないように気を付けましょう。

しかし、紹介会社を使うことで得られるメリットも多く、中には施設見学に同行してくれたり送迎を行っていたりするところもあります

紹介会社を上手に使うコツとしては、事前にライフル介護のようなポータルサイトで希望する施設を探して資料請求しておき、行きたい施設を何か所か決めた段階で紹介会社に紹介して貰うという流れがベストです。

大規模施設と小規模施設のメリットとデメリット

高齢者施設を探す際に、70人~80人以上の高齢者が利用する大型施設がいいのか、それとも10人前後の小規模な施設の方がいいのかは1つの焦点になるでしょう。

そこで、大規模施設と小規模施設それぞれのメリットとデメリットをお伝えします。

大規模施設のメリットとデメリット

大規模施設のメリットは、日中のレクリエーションが充実していたり、本格的なリハビリ施設が併設しているなど参加できる活動が充実している面が大きいでしょう。

また、それだけ多くの高齢者が利用していることから、新たな友人も作りやすく、共通の趣味を持った人達とも出会いやすいのも大きなメリットです。

囲碁や将棋、麻雀などが好きなのに相手がいなくて中々出来なかったけど、一緒に遊べる相手が出来たと喜ばれている方もたくさんいます。

その反面、デメリットとして上げられるのは集団生活を強いられることです。

食事の時間や入浴の時間など、施設で働く職員には限りがありますので決まった時間で行動することが多く、自由に生活をしていた方には窮屈に感じることも少なくありません。

また、職員も利用している人数に対して少ない人数で対応しているため、中々話を聞いてくれないなど、コミュニケーション不足を不満に感じる方も多いようです。

小規模施設のメリットとデメリット

小規模施設では、大規模施設と違って利用者さんと介護職員との関係がとても親密なものになります

利用している人数も少ないので、大規模施設と比べると割とマイペースに過ごすことも可能です。

ただ、人数が少ないので利用者同士のトラブルが起こると施設での生活が居心地の悪いものとなり、施設から出たいと考えるようになります。

これは利用者同士だけでなく、働く介護職員との関係も同様です。

小さい規模なので、職員の目も届きやすく親密になれる一方で、このようなデメリットも抱えています。

まとめ

この記事では、高齢者施設はどうやって探すのが正解なのか、紹介会社は本当に信用できるのかをお伝えしてきました。

・高齢者施設の希望条件を明確にする。

・まずは資料請求をして数か所見当をつけておく。

・紹介会社に全部任せるのはNG!

・大規模施設と小規模施設、それぞれにメリットとデメリットがある。

高齢者施設の施設探しは、時間がかかる大変な作業です。

しかし、入居する本人が納得していないまま入居してしまうと、帰宅願望や酷く落ち込んで鬱病になってしまうなど、様々なトラブルの元となります。

まずは条件を決めてから高齢者施設を探し、資料請求をしてみましょう。

パンフレットを見ながら、気になった施設をピックアップして紹介会社に頼んで見学したり、直接連絡して見てみないと実際の雰囲気はわかりません。

終の棲家となる高齢者施設ですので、後悔の無いように探しましょう。



こよみ
介護士歴10年
介護福祉士/老健/有料老人ホーム/サ高住
管理者と現場主任を経験。
介護業界は本当に稼げないのか?
どうすれば給料を上げることが出来るのか、年収を上げるにはどうすれば良いのかを本気で考えています。
介護士としての日常や考え方を発信したり共有したいと思ってブログを立ち上げました!
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる