ベテラン介護士でも難しい!認知症ケアが上手くいかない理由とは?

10年、20年と長いこと介護業界で働いてきたベテランの介護士でも、認知症ケアが上手くいかないことは多々あります。

私自身、介護士として働いて10年目になりますが、まだまだ認知症についての知識も経験も足りていないと感じることが多いです。

そこで今回は、どれか一つでも認知症ケアのヒントになればと考え、ケアが上手くいかない理由を紹介します。

目次

意思疎通が難しい

認知症のある利用者さんを対応していて一番多いのがこれではないでしょうか。

話すことは出来るけど、話が嚙み合わない。

何度も同じことを繰り返して堂々巡り。

すぐに忘れてしまい、聞いてない!と怒ってしまう。

なんとかコミュニケーションを取ろうとしても、会話にならずに諦めてしまうことはありませんか?

認知症は言葉にも障害は出てきますが、普通に話せる方もたくさんいます。

なので、何とか理解してもらおうと意思疎通を図ろうとするも上手くいかず、落ち込んだりイライラしてしまう人も少なくありません。

認知症の方との会話は大切ですが、意思疎通を図ると考えるよりも、相手の気持ちを尊重して発する言葉を受け入れる気持ちで臨むと介護者の気持ちも楽になります。

ケアの内容が適切かわからない

認知症には、ゆっくりと確実に進行していくという特徴があります。

少し前まではこの方法で問題なかったのに、少し時間が経ったらその方法ではダメになってしまった

前までは嫌がらなかったのに、段々と拒否されるようになってしまった。

同じことをしているのにどうしてだろう…という経験はありませんか?

それは、認知症の方からのサインです。

認知症の方は、「こうして欲しい」「これは嫌だ」と自分の希望を言葉で伝えるのが難しくなってきます。

そのため、ケアをする側はその態度や表情を見ながら「こうして欲しいのかな?」「これが嫌だったのかな?」と仮定した状態でケアをしているはずです。

それが適切であれば問題ありませんが、間違っていた場合は拒否されたり、時には暴言を吐かれたりもするでしょう。

本人のためにやっているのに!と怒ってしまうかもしれませんが、それは本当に本人が望んでいたケアだったのかを考えることが重要です。

私はこうされたら嬉しいではなく、相手がして欲しい事を探していきます。

自分一人で対応するのではなく、同僚のケア方法を聞いたり、上手くいった事例を真似したりと情報を共有しながら様々なパターンの対応策を知ることで、適切なケアに近づくことが出来るでしょう。

経験のみに頼ったケアは危険信号

たくさんの認知症の方と接していると、声替えの仕方、表情のとらえ方など、今までの経験からどのように対応すればいいのかが漠然と自分の中で確立されてきます。

相手が安心できるような声掛け方法や、表情を読みとるスキルは大切ですが、その方法が100%通用するとは限りません

むしろ、今までダメだと思っていた方法が、他の人だと上手くいくパターンもあります。

「あの人の時は、これで上手くいったから。」

「これは失敗したから、試さないようにしよう。」

「こうしておけば、認知症の方でも大丈夫。」

このように、目の前を見ないで自分の経験だけに頼ってしまうと、一人ひとりの個別性を見失ってしまいます

成功した方法も、もしかしたら偶然だったかもしれませんし、失敗した方法もその時たまたま機嫌が悪かっただけかもしれません。

経験によって得られるスキルはたくさんありますが、それだけに頼り過ぎないようにしましょう。

ケアを拒否されてしまう

介護拒否や援助拒否は認知症の方に限ったことではないですが、拒否される理由がわからくて困ってしまうことがあります。

ケアを拒否されるだけでなく、暴言を吐かれたり暴力を振るわれたりすることもあるでしょう。

このような理不尽な目にあったとき、「病気だから仕方ない」と頭ではわかっていても、実際にそういった場面に遭遇すると精神的に辛くなってしまいます。

私達介護する側も人間なので、嫌な思いをしたら怒ったり、悲しくなったりするのは当然です

そもそも、ケアを拒否されるのは様々な要因が重なって起きています。

・認知症が進行している。
・気分や体調が優れず、機嫌がわるい。
・1人にして欲しい。
・たまたまタイミングが悪かった。
・相性の問題。
そんなことで?と思うような理由で、拒否されることも少なくありません。
ケアを拒否されるのは、介護をする側だけの問題ではなく、本人を取り巻く環境や認知症の進行など様々な要因が複雑に絡み合って起こっています。
知識がないから、経験が無いからと落ち込む必要はありません。
自分がダメだと責めるのではなく、その方のケアが得意な人に相談したり、一緒に行って見学させてもらったりするなど周囲にサポートをお願いしてみましょう。

成功事例を言葉で表現しにくい

立位の難しい方の排泄介助や、体重の重い方の移乗介助のコツは言葉で説明したり、実際に動作を真似たりして伝えることが出来ます。
しかし、認知症ケアの場合は感覚的な部分が多く、言葉では中々説明しにくいものです。
特に介護の世界ではエビデンス(根拠)を求められる事が多くありますが、明確な根拠を示すことが難しいとされています。
成功事例を言語化して伝えるのが難しいので、成功事例が中々共有されないのも特徴的です。
経験が長く、認知症の方と接することの多い介護士だと感覚的にケアをしがちですが、もう一歩踏み込んでそれを言語化して伝える事が出来るようになると情報の共有がしやすくなります。
そうすることで、中々上手く出来ないと悩んでいる人にも感覚的ではない、わかりやすい言葉でアドバイスが出来るようになるのです。

まとめ

なんとかして認知症の方を助けてあげたい!そう思っていても、あなたの望むような結果が得られないことの方が多いでしょう。

どんなに熱意をもっていたとしても、ケアを受ける本人がそれを望んでいなければ空回りしてしまいます。

認知症ケアがなかなか上手くいかないなと感じた時には、一旦立ち止まって違う方向からアプローチしてみましょう。

ちょっとした変化でスムーズにいく事もありますので、本人が何を望んでいるのかを探ることが大切です。

こよみ
介護士歴10年
介護福祉士/老健/有料老人ホーム/サ高住
管理者と現場主任を経験。
介護業界は本当に稼げないのか?
どうすれば給料を上げることが出来るのか、年収を上げるにはどうすれば良いのかを本気で考えています。
介護士としての日常や考え方を発信したり共有したいと思ってブログを立ち上げました!
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる